歯の矯正痛みが怖い

MENU

歯の矯正はおすすめですが私は痛みと値段が気になりました。

歯並びが悪くて歯列矯正をやりたいな〜 と思ってる人は
多いと思いますが、
値段のことや、痛み、矯正が見えてしまうのでは? 
などの不安や心配で、なかなか歯医者やクリニックに行かない人は多くいます。

 

歯並びが悪くても、痛みが無い限り、外見だけ気にしなければ
急ぐ必要はないので、矯正をしない人が多いのです。

 

私は、歯並びが悪く、それが原因で歯みがきが十分に出来ない箇所が
あり、虫歯ができやすかったことと、
虫歯にならないまでも、口が臭くなる事があったので、
早い段階で歯列矯正を行いたいと、ずっと考えていました。

 

歯矯正痛い高い 

 

ただ、矯正というと、

 

”値段が高い” ”痛みがある” ”治療に時間が掛かる” ”矯正が見えてしまう”
という、先入観があり、なかなか治療には踏み出せませんでした。

 

 

この先入観は、実は私が小学校の時に友人が、矯正をしていて、その友人から
結構痛いという事を聞いていたのと、
実際、矯正治療をやっていると治療の器具であるワイヤーが見えていたので、

 

15年以上たった今でも、その先入観が残っていたのです。

 

 

そんな時、社会人になり、会社の同僚と通っている歯医者(クリニック)の話になり、
その同僚が、
歯の治療と歯列矯正を、会社帰りに立ち寄る事ができる
六本木の河野クリニックに通って、治療している事を聞きました。

 

歯列矯正を行っているにも関わらず目立たない

その時に驚いたのが、歯列矯正をしていても、今では歯の裏側に設置したり、
表面でも目立ちにくいワイヤーを使ったりする事で、
以前(昔)のように、矯正をしていることは外から見ると分からない事
でした。

 

 

歯列矯正を歯の裏側に設置している例
歯列矯正痛い

 

私の先入観の話をすると、
”その情報は古すぎる” と笑われました。

 

その同僚は、私達の会社が赤坂にあるので、帰宅途中に通える
河野クリニックが便利だからという理由で、このクリニックを選んだという事
でしたが、その他にもこのクリニックに良い点や、悪い点を聞いてみました。

 

 

六本木 河野歯科クリニック評判

その同僚の話によると、
このクリニックの良いところは、
先生が親切、クリニックがきれい、アクセスが良い(うちの会社の近くなので)
という事でした。

 

特に先生に関しては、治療前の説明やインフォームドコンセントが随分
しっかりしているという事でした。

 

場所がら、芸能人が治療、矯正、インプラントをする事が多いらしく
十分な説明無しに、間違った事は出来ないという慎重さがあるのかも
しれません。

 

精密審美矯正センターのインタビュー動画

 

 

 

私が気になった矯正の痛みについて

私が心配していた、”痛み” についてですが、
この同僚が言うには、

 

”私は平気だったけど、他の人は分からない” という頼りの無い
回答でした。

 

歯列矯正に痛みについては、とても気になったので、自分なりに
調べて他の記事でも意見を書いたのでご覧頂ければと思いますが、

 

確かに、痛みに関しては人によって感じ方が違うので、
”痛い” とか ”痛く無い” というのは断言出来ないというのが
本当の回答だと思います。

 

⇒ 矯正の痛みについて

 

 

私が通ったクリニック

 

話が長くなりましたが、会社の同僚や立地条件、痛み、値段などを
考慮して、
私は最終的に、この河野歯科クリニックと同じ精密審美歯科センターの
グループに所属する

 

”銀座 しらゆり歯科” に行きました。

 

 

同僚が通っていたというのも理由ですが、
無料相談を受けて、納得の出来る説明があったこと、
都内でこの低価格で歯列矯正が出来る事が無かった事が
しらゆり歯科を選んだ理由です。

 

 

精密審美歯科センターには、
河野クリニック、しらゆり歯科の他、横浜桜木町にもクリニックがあるので、
少しでも矯正について検討をしているのであれば、
無料相談はお薦めです。

 

 

他の歯医者やクリニックを選ぶにしても、比較も出来ますし、このクリニックが
矯正に関しては実績や自信がある事が良く分かります。

 

 

千葉良い矯正に良い歯医者が見つからない

 

私は千葉県に住んでいるのですが、矯正を考えた時はやはり家に近く且つ通勤の途中にある歯医者で
矯正が出来れば良いな〜と考えていました。

 

勿論、それで腕が良くて、私の痛みが怖い! という気持ちを良く分かってくれるところがベストですが、、

 

そして、実は河野歯科クリニックに行く前に千葉県の稲毛駅にある歯科クリニックで矯正専門の
クリニックを見つけたので、そこで契約までしてしまった経緯があります(^^;

 

名前まであげると迷惑が掛かるので、言えませんが、矯正では実績のある先生が在席している歯医者
なのですが、

 

事前の説明はとても親切だったのですが、(料金は結構しました80万程度)、いざ、契約が終わると
だんだん態度が悪くなってきて、矯正を始める前に治療が必要だった前歯の治療では違和感がひどく、

 

それについて相談しても、

 

”気のせいじゃないですか?” ”そんなにガマンできませんか?” という冷たい対応でした。

 

そして、最終的に契約を解約した徹底的な理由が、その矯正で実績のある担当医の方が、やめてしまったこと
でした。

 

やはり、地方の小さいクリニックでは人の代わりがきかないので、優秀な方1人を頼って契約しても、その人が
辞めてしまったら、誰もフォロー出来ないんですね(^^;

 

その点、河野歯科は優秀な先生の数も多く色々な治療方法を提案してくれたので、とても安心でした。

 

 

 

歯の矯正の痛みが怖いなら銀座しらゆり歯科がお薦め

 

歯の矯正の痛みが怖いのであれば、銀座しらゆり歯科がお薦めです。銀座しらゆり歯科には、複数の矯正認定医が在籍しているので、信頼できる歯科医にお願いすることができます。この歯科医院に在籍をしている歯科医はみな、勉強会や学会にも年間を通して参加をして学んでいます。歯科矯正治療は変化をしている中で、多くの学ばなければならないことがあります。あらゆる学びをして歯科矯正治療の、技術や知識などを共有して、日々の歯列矯正治療にも役立っています。

 

銀座しらゆり歯科では総合歯科クリニックの中で、歯科矯正治療をおこなっています。歯科矯正治療のみではなく、その他の分野の歯科医も在籍があるので、ほかの治療も可能です。基本的な歯の治療である、虫歯治療や歯周病、抜歯やインプラントなども対応可能です。一般的な矯正を専門としている歯医者では、対応していないことも色々としています。だから歯のことは何でも相談がしやすいですし、信頼を持って歯の治療を任せることができます。

 

歯の矯正など歯科治療では費用面がとても気になりますが、治療に必要となる総額の治療費用は、追加料金は無しで事前に提示をするシステムです。まずは丁寧なカウンセリングに始まり、綿密な検査をします。そのうえで歯列矯正治療のための、トータル費用を提示してくれますし、そこからの追加料金もありません。歯の治療費の設定は、矯正装置 に難易度をかけた金額で決めています。

 

矯正装置のためにメタルブラケットを使うとする、比較的に難易度が低い治療豊富の場合だったら、トータルの金額は税別で398,000円ほどです。利用をする矯正装置については、患者さんの持っている希望も考慮してくれます。難易度は初診の時に、その人の歯並び状況をチェックして、それぞれの治療スケジュールと一緒に、トータルの治療費を提示してくれます。

 

矯正装置の種類も、いろいろなタイプがあります。歯の表側につけるのは表側装置であり、裏側装置は歯の裏側に装置をつけるタイプです。部分矯正はその名のとおり、歯の一部分のみに矯正のために使います。ほかにも、マウスピース型をした装置もあります。近年人気が高くなっているのはマウスピース矯正の方法であり、なんといっても目立ちにくいですし、さらには取り外すことも自由できるために、とてものんきが高いです。

 

銀座しらゆり歯科では、骨や歯茎に対しても、とても優しい矯正治療を心がけている歯医者です。矯正治療をすることで、骨や歯茎も強くするという、アメリカ式歯周矯正治療を行っています。

 

矯正痛みの期間は

 

ハリウッドスターや海外セレブたちの完璧に整った歯並びやピカピカに光る白い歯は本当に素敵ですよね。歯並びの悪さは審美といった見た目だけの問題ではなく、虫歯や偏頭痛の原因になったり私たちの健康を脅かすことになります。アメリカをはじめ欧米諸国では幼少期から歯列矯正をすることが当たり前ですが、日本では一般的な歯列矯正は自由診療となり国民健康保険が適用されず、治療を受けることをためらう人も多いことが現状です。また、子供の頃に矯正をはじめると成長期の関係から治療する期間が長くなり、経済的負担も大きくなります。しかしながら、最近では子供の頃に矯正できなかった人が、経済的余裕が出てきてきた大人になって治療に取り組むケースも増えてきています。これから歯列矯正をはじめようと思っている人にとって矯正装置をつけた時の見た目も気になると思いますが、どのくらい痛いのか心配している人が多いことでしょう。矯正装置をつけてから、どれくらいの痛くなるのか、それがいつまで続くのでしょうか。ここでは歯にブラケットとワイヤーを取り付ける一般的な歯列矯正を想定してみていきましょう。
どのくらい痛いのかについて言えば、これは歯並びの度合いや使用するワイヤーにもよるため、個人によって異なります。歯列矯正をする人がまず最初に経験する痛みは、矯正装置をつける前に奥歯の間に装着する、通称「青ゴム」と呼ばれるセパレーションゴムをつけた後になるでしょう。これは、装置をつけるスペースを確保するために奥歯に取り付けるもので、つけた当初は歯と歯の間がきつくなったような違和感があります。数時間後には鈍痛を感じるようになり、次第に強い痛みに変わります。痛くて夜寝ることができなかったという人もいます。その後、歯にブラケットとワイヤーを装着することになりますが、一番はじめにこれらの装置をつけた時も青ゴムをつけた時と同様に多くの場合、鈍痛に苦しむことになります。個人差はありますが、はじめの1?3日が痛みのピークで1週間程で段々と落ち着いてきます。この時期は、大きな口を開けることも辛かったり、食べる行為自体が辛く感じる時であるため、流動食や柔らかい食べ物を取ることをおすすめします。
その後、3週間?1ヶ月のペースでワイヤーを取り替えることになりますが、この毎回のワイヤー交換後も痛みがあります。ワイヤー交換後1?3日は鈍痛がありますが、初回程の激痛はなく、次第に痛みに慣れていくでしょう。

 

歯の矯正痛みが怖い理由

 

歯医者に行くのが好きな人はそれほどいないですよね。痛い、怖い、色々な不安を抱えて皆さん歯医者に行かれていると思います。特に歯の矯正治療はかなり大がかりになりそうでさらに怖くなりませんか。なぜ歯の矯正が怖いと思うか理由をまとめてみました。
<矯正の方法がわからない恐怖>歯医者に行く主な理由の一つに虫歯の治療があります。誰でも一度は経験があると思いますが、虫歯治療ならばなんとなくその方法は想像が付きますよね。しかし歯の矯正が怖いと思うのは、どんな方法で行うのか詳しい知識を知らない為。歯を抜くのか、痛い器具を装着するのか、色々な不安や疑問がわいてきます。現代の医療は進歩している為、虫歯治療ですら昔のような痛みはなくなってきました。しかし歯医者に対する恐怖心をいまだに抱えている人は決して少なくはありませんよね。歯医者=痛い、という常識は一般的なのです。歯の矯正は虫歯治療のように頻繁に行うものではありません、歯並びが悪くでコンプレックスになっている人も多いですよね。歯の矯正に対する不安を取り除くためには、信頼できる歯科医を見つけることが大切です。色々な器具や機械を使っての治療は、技術を使いこなせるための腕が必要です。歯医者なんてどこも同じと思ったら大間違い。特に矯正は満足できる結果を得る為に、歯科医の技術力が重要なポイントになります。
<治療時の痛み>歯の矯正は怖いと思っても、どうしても治したい悪い歯並びの悩みを抱えている人はたくさんいます。歯列矯正は歯にワイヤーを取り付けてそのまま固定するまでに時間がかかりますよね。また歯間を広げるための痛みは患者さんにとってとても辛い痛みになっています。矯正をするには抜歯をする場合もありますので、大変苦痛になる治療が待っています。また矯正の間はワイヤーがついた歯を見られるのがとても恥ずかしいと思う方も多いハズ。でも綺麗な歯並びにするにはその期間を我慢して過ごさないといけません。終わった時に矯正をやってよかったと思えるような施術が理想ですね。歯の矯正に抵抗を感じる方の中には虫歯の心配をする人も多いようです。装着したワイヤーに食べかすが残ってしまうなど、毎日のケアが大変面倒になります。何年間も矯正をしている場合はこの不快な状態が毎日。お手入れの手間を考えると、歯の矯正もすぐにはできない理由の一つです。しかしそれぞれの歯の状態によって矯正方法も色々。治療にかかる期間も異なりますので、まずは歯医者で相談するとよいでしょう。長く通院する可能性がありますので、できれば自宅の近くやアクセスが良い歯医者が便利なので参考にしてくださいね。

 

最新の歯の矯正は痛く無い

 

歯の矯正は痛みを伴う印象がありますよね。痛いのが苦手な人にとっては恐怖心につながる事。しかし現代の進歩した医療は歯の矯正でも活躍しています。再診の痛くない歯の矯正についてご紹介しましょう。
<痛みを軽減する矯正治療>歯の矯正でお馴染みなのがワイヤーを装着する方法。ステンレススチールワイヤーなどは大変硬い素材になっている為、強制力が強いメリットがありますが、歯の痛みを起こす原因になっています。このワイヤーを最新の矯正ではループをつけずに形状記憶型のワイヤーを使って治療をすることができます。以前のような痛みがなく、継続したデリケートな矯正力がかかるため痛みが気にあることは少ないのです。この新しいワイヤーでは歯肉や頬の粘膜を傷つけることもない為、矯正を怖いと思う方にはオススメの方法です。しかし歯根膜への痛みは多少残る場合もありますので、歯科医と相談してワイヤーの太さを変えてもらうなどの対処をしてもらいましょう。また歯列矯正では歯の隙間にバンドを埋め込む治療方法があります。セパレーターと呼ばれるゴム素材のモノを歯の間に挟むのですが、このときに痛みを感じることがよくあります。最新の矯正ではバンドを使用せず歯に装着する方法もありますので、通常よりも痛みをかなり軽減できるといわれています。
<痛みの軽減方法>歯の矯正は痛みがつきもの。しかし最新の矯正治療では痛みを軽減する様々な方法が行われています。その一つがレーザー。矯正中に歯が移動する際に起こる痛みを軽減するために、レーザーを使用して痛みの原因物質を改善します。レーザーは抗炎症や血行改善にもメリットになるため、矯正中には患者の負担を減らす方法として注目されています。同様に行われるのが高周波治療。整形外科で骨折の回復スピードを高める為に使われる方法ですが、矯正治療では歯槽骨の新陳代謝を高める効果や血行改善のメリットがあるため、歯の移動がスピーディになる効果があります。さらに矯正中の痛み軽減としても大変メリットになりますので、痛みが怖い方にはストレス解消にもなりますよね。また歯に装着するリップガードと呼ばれるパーツがありますが、矯正中のワイヤーがあたり痛みを生じる際にガードする働きがあります。吹奏楽の演奏者が使う場合が多いのですが、装着が簡単で何度も繰り返し使用できるメリットがあります。このように色々な痛み軽減の処置がありますので、矯正が痛いと思っている方は安心して治療を受けることができますよ。

お薦めの無料カウンセリング

矯正の痛み
更新履歴