歯の矯正 痛みが怖い人にお薦めの値段も安いクリニック  

MENU

顎関節症の治療方法 歯列矯正

 

顎関節症とは、口を大きく開けられなくなったり、あごが痛いとか口を動かすとガクガクあごに音がするといったあごの関節や筋肉の症状の総称です。アメリカでは半数近くの人が顎関節症といわれています。また、顎関節症の人の大半が何らかの治療を受けているという結果があります。しかし、治療が必要な患者は意外に少ないという報告があるのです。

 

その理由の一つとして、顎関節症は放っておいてもやがて治るという考えがあるからです。専門医でも、顎関節症は、そのまま放置しておいた場合でも3分の1が自然に症状が改善していくのだそうです。また、治療を受けた場合の改善効果は80%程度とされています。

 

つまり、自然に放置しておけば治るのに、どうして治療をするのかという理由に関しては、治るまでの期間を治療することによって短くするためなのです。そのため、治療の方法としても、どのような方法を選ぶのかは、患者の状態、費用、期間などをみながら決めることになります。

 

顎関節症が発症するには様々な要因が重なっておこるとされています。たとえば、猫背などの姿勢、歯ぎしりや噛むときの習慣、頬杖、精神的ストレス、あごを何らかの理由で酷使している場合、歯の治療などで長時間口をあいている場合、打撲などです。ですから、そのことを理解すれば、日常の生活習慣の見直しでずいぶん症状が改善する可能性がありますし、マッサージをしたり、あごの運動で毎日家庭でおこなうことで、改善効果があるのです。また、できればあごを安静にして大口を開けることを少なくして、軟らかい食事を心がけが大切です。さらに、ひごろの、姿勢の悪さも改善することが大切ですし、身体になるべく力が入らないようにすることも有効です。

 

また、よく話題になりますが、歯並びと顎関節症のあいだには、ほとんど関係がないとされています。つまり、咬み合わせがどんなに悪くても顎関節症にならない人はたくさんいます。また、実際に、食事で歯を噛み合わせている問いはわずかで、ほとんどの時間は上下の歯はつよく噛み合わせていることがありません。ですから、普段の咬み合わせによって、顎関節炎が発生するとは考えにくいのです。ただ、咬み合わせを矯正することで、顎関節炎が改善するケースがないわけではありませんから、一度専門の歯科医院で調べてもらうことが必要です。また、歯の咬み合わせは、体調上とても大事な事ですから、咬み合わせを正しくすることは、とても大切なことです。

お薦めの無料カウンセリング

矯正の痛み