歯の矯正 痛みが怖い人にお薦めの値段も安いクリニック  

MENU

痛みを緩和する方法

歯列矯正は、歯並びを根本的に改善させるため、劇的に見た目が良くなったり、歯の噛み合わせなども同意に改善されます。一方、矯正をせずに放置しておくと、歯並びはより悪化しやすくなる上、歯ブラシが届きにくい個所ができ、虫歯ができたり、歯周病の原因になったりもします。つまり、見た目の問題だけにクローズアップされやすい歯列矯正ですが、健康面などを考慮しても、歯並びを治すことは大変意味のあることなのです。
一般的に、歯列矯正は、歯の表面に金属でできた器具を取りつけます。それが歯の歪みやズレを修正し、良い並びに変化させてくれます。ですが、矯正を始めてすぐに、多くの人が感じるのが強い痛みです。矯正的にはを引っ張るため、口腔内に強い痛みが発生しやすくなります。これらの痛みは、通常の場合、数日から数週間で緩和されます。痛みに慣れたり、歯にかかるテンションが緩んでいくため、自然と通常の状態に戻っていきます。
しかし、子供の矯正の場合や、特に痛みを感じやすい人もいるため、対処方法を知っておくと便利です。まず、食塩水でうがいをする方法です。コップ1杯の水に、スプーン1杯程度の食塩を入れて作ります。こうして作った食塩水で口をすすぐことで、自然と痛さを感じにくくなると言われています。その他、電動歯ブラシや音波振動歯ブラシを使って緩和する方法もあります。歯列矯正を行うと、歯茎が炎症や血行障害を起こすことも見られます。そうしたことで、感じる痛さが増すこともあるため、電動歯ブラシや音波振動歯ブラシでマッサージをすることで、血流の改善が見られるとされています。
以上のような方法を試してみても、効果が全く見られない人も少なくありません。こうした場合には、医師に相談することも必要です。医師に相談した上で、薬を服用することも可能です。ですが、歯列矯正は、人工的に炎症を引き起こすことで歯並びを変化させる治療法であるため、炎症を止める薬の服用は望ましい治療であるとは言えないとされています。また、矯正器具の違和感や口腔内を刺激することで、口内炎などを作る場合もあります。このような治療には、矯正器具を覆うワックスなどが、医療機関では利用されます。口腔内に感じる違和感などを軽減させることができ、口内炎を早急に治癒させることにつながります。また、ワックスは呑み込んでしなう可能性もありますが、人体に全く影響のない素材で作られているため、安心して使用することができます。"

お薦めの無料カウンセリング

矯正の痛み