出っ歯を治す

MENU

出っ歯治療の最新方法

出っ歯で悩んでいる方はかなり多く、矯正治療の相談に訪れる患者さんの半数以上が、出っ歯のコンプレックスを抱えています。
そんな出っ歯ですが、どんな治療方法がおすすめなのかご紹介していきます。

 

そもそも出っ歯の原因は?

 

おすすめの治療法をご紹介する前に、どうして出っ歯になってしまうのか、その原因はなんなのでしょうか。
出っ歯は専門用語で、上顎前突といわれます。つまり、上顎が下の顎に対して突出している状態です。
出っ歯だと、唇がうまく閉じれないので、唇が乾燥しやすく、口呼吸を引き起こします。
出っ歯の方は喉を傷めやすいのですが、それは口呼吸を引き起こしているからです。
この出っ歯の原因は、いくつかあります。
まず、顎の骨に対して、前歯のサイズが平均よりも大きいことがあげられます。
サイズが大きいので、顎のスペースに並びきらずに、前歯が突出してしまいます。
次に上の顎の骨のサイズ成長のときに大きく成長してしまって、上顎の骨自体が大きくなってしまっていることも原因の1つです。そのため、骨が突出しているので、出っ歯になります。
さらに幼少期の指しゃぶりもまた出っ歯の原因になります。指しゃぶりによって前歯に継続的に力がかかり、前歯が突出してしまうのです。これは自分で自分の歯に矯正力をかけているのと同じです。
同じ出っ歯といっても、このように出っ歯になる原因は様々です。
さらにこれらの原因があわさって、出っ歯になっていることもあります。
また、乳歯が早くに虫歯になって、本来抜ける時期よりも早く抜けてしまうと、適切な位置に永久歯の前歯が生えてこなくなり、出っ歯を引き起こすことがあります。

 

こういった原因に対して適切な治療を受けることが重要です。

 

出っ歯を治すおすすめの最新治療法

 

出っ歯を治す治療法にはおもに3つの治療法があります。
しかし、先ほど説明したように、同じ出っ歯でも、出っ歯が引き起こされた原因は様々です。
そのためおすすめの治療法をご紹介しますが、適応でない場合もあります。
適応かどうかは実際に、問診をして、検査をいくつか受けて診断をしてみないことには判断することはできません。矯正歯科医もその診断結果次第で、どの治療ができて、できないかおすすめを説明してくれます。
その説明を受けたときに、これから紹介する治療法のメリットやデメリットを参考に、どの治療が自分の中では最適化を判断して、最終的には治療をしてもらう矯正歯科医としっかりと相談の上、治療法を決めましょう。
治療が選べるという前提で、おすすめの治療法をご紹介します。

 

 

1、 一般的なワイヤー矯正

 

最も無難ではありますが、実は一番おすすめなのは、一般的に知られているワイヤー矯正が最もおすすめです。
というのも、矯正治療は日々進化していますが、歯に装着するブラケットと呼ばれるワイヤーを固定、装着するこの装置も年々進化しています。
歯にできるだけ痛みが少なく、いかに歯に力がかかるか、緻密に設計されています。
さらにワイヤーもその強度が徐々に発展して、曲げやすく、しっかりと力がかかるように材質が年々向上しています。
一般的なワイヤー矯正は、矯正歯科医も装置の装着がとても簡単なので、治療の過程でもう少し角度をつけたい、力をかけたい、というときに、微調整がとてもしやすいというメリットがあります。歯に自分の思うように力をかけることができるので、最終的な歯並びの仕上がりもきれいに仕上がるのが、ワイヤー矯正の1番のメリットともいえます。
矯正治療は失敗のリスクもある治療ではありますが、リスクが少なく、成功率が非常に高いので、一般的なワイヤー矯正が一番おすすめです。
ただし、前歯の見えるところに矯正装置が見えるので、治療期間中は装置が目立つのがデメリットにはなります。
ですが、逆にいえば、失敗が少ないですから、万が一失敗してしまったとき、出っ歯は今まで以上に見た目が悪化してしまうことがあります。
そういったリスクを十分に考えて、安心な治療を受けたいのであれば、やはり一般的なワイヤー矯正がおすすめです。

 

2、 目立ちにくさ重視、裏側矯正

 

今や主流になりつつあるのが「裏側矯正」です。これは専門用語で舌がある内側に矯正装置が装着されるので、「舌側矯正」と呼ばれています。
この裏側矯正は出っ歯を治療するときに気になる、ワイヤーなどの装置が裏側になるので、治療中でも、笑ったときに目立ちにくいというメリットがあり、とても人気です。
しかし、この裏側矯正ですが、普通の一般的に知られているワイヤー矯正よりも難易度が高い治療になります。なぜかというと、裏側になるので、まず、矯正装置の装着が難しくなってしまうということにあります。矯正装置をつけるのに時間がかかるので、歯科医の治療時間も長くなり、時間的なコストがかかります。
さらに、裏側に矯正装置をつけるということは、力のかかり方が、一般的なワイヤー矯正とは異なるので、さらに裏側矯正は専門のより高度な知識と技術が要求されます。
また、矯正の認定医を取得する際、この裏側矯正の技術は求められません。
裏側矯正は、歯科医師が専門のセミナーなどで勉強する必要があります。
もちろん、もともと高度な治療である矯正治療を行っているので、しっかりと勉強してその仕組みと技術を取得するのは矯正歯科を専門で勉強している矯正歯科医はそれほど難しいと感じない方も多いですが、それでも一般的に知られているワイヤー矯正よりも難しいのは事実です。
そのため、裏側矯正のデメリットとしては、一般的に知られているワイヤー矯正よりも治療費用が高くなります。
また治療期間が長くなってしまうことがあります。
しかし、歯科医師の技術によってはほとんど一般的に知られているワイヤー矯正と変わらない技術をもっていますので、矯正歯科治療を受けるときに、歯科医師とよく相談して決めましょう。

 

3、最も目立ちにくい!マウスピース矯正

 

芸能人でもデビューのときは、歯並びが悪かったのが、いつの間にかきれいな歯並びになっているということがありますが、多くの芸能人にも利用されている治療がマウスピース矯正になります。専門の会社がマウスピースを作成しているので、「インビザライン」と呼ばれます。
専門の歯科医師が矯正治療を指定の医療機関で学んでいると認めた歯科医師にのみ、マウスピース矯正のセミナーを開催します。基本的には矯正の専門で治療していない歯科医師には、このセミナーを受講する資格がないので、マウスピース矯正ができる矯正歯科は、マウスピースを作成している会社が認めた歯科医師のみとなります。
料金も一般的に知られているワイヤー矯正よりも費用が安いことが多いです。
マウスピース矯正の一番のメリットはやはり目立ちにくさがあります。
矯正で最も嫌なワイヤーがないので、見た目もいいです。ですが、矯正治療に伴う痛みは当然あります。マウスピース矯正は痛くなさそうという誤解を持つかたがいますが、マウスピース矯正も歯を動かすために矯正力がかかります。
そのため動かしている最中は痛みがあります。
またマウスピース矯正のデメリットは「適応症例が少ない」ということです。
軽度の出っ歯であれば、マウスピース矯正で治療ができますが、ガタガタがひどくて、重症の場合は、マウスピース矯正を受けることができません。
また歯を並べるスペースがない場合は、何本かの歯を削って並べるスペースを作る必要があります。
見た目もよく、最近人気のマウスピース矯正で、自分が適応ケースであればとってもおすすめですが、その範囲は限られています。
歯科医師と相談して、自分がマウスピース矯正治療を受けることができるかどうか診断してもらって、マウスピース矯正を受けるかどうかを決めましょう。

 

 

 

注意!出っ歯でも手術が必要なケースがある

 

前項で紹介した治療はどれもおすすめですが、中には自分が希望しても、その治療を受けることができないケースがあります。それは、出っ歯の原因が「上あごや下あごの骨」にある場合です。骨の大きさが原因であれば、歯を動かすだけでは、対応できませんので、骨に対する治療が必要です。
成長期のお子さんであれば、成長を利用した治療ができますが、成人矯正ではそれはできません。したがって、歯を動かすだけでは限界があります。
そういった場合は、ある程度改善するものの、理想的な歯並びまでは矯正できないが、町の矯正歯科で治療を受けるか、それとも骨に対して外科的な手術を行うことができる、専門の歯科大学を紹介してもらうか、という選択をしなくてはいけません。
もちろんそのまま治療を受けないというのも選択肢の1つです。
とても難しい矯正治療となるので、治療方法も限られてきます。自分の歯並びが一般的な矯正歯科でもできる歯並びなのか、それとも専門の医療機関でないとできないのか、しっかりと検査し、診断してもらうことも忘れないでください。

 

 

まとめ

 

・出っ歯を治すおすすめの治療方法には、ワイヤー矯正、裏側矯正、マウスピース矯正がある
・おすすめの治療方法を受けることができるかどうかは、歯科医師とよく相談する
・裏側矯正は一般的に知られているワイヤー矯正よりも難易度も高く、費用も高くなる
・マウスピース矯正がとっても人気だが、適応ケースがとても限られているので注意する
・歯並びの重症度によって、治療方法は限られてくるので、治療を受ける矯正歯科医をよく相談することが一番大切

 

 

出っ歯を治す、おすすめの治療方法をご紹介しました。個人的におすすめは、しっかりと技術のある矯正歯医のもとで、裏側矯正を受けるのが目立ちにくく、ワイヤー矯正のため、しっかりと歯並びを治すことができるのでおすすめです。
ですが、適応でない場合や費用の問題もありますから、ぜひ治療を受ける矯正歯科でよく相談して決めてくださいね。

 

お薦めの無料カウンセリング

矯正の痛み