歯の矯正痛みが怖いインビザライン失敗例

MENU

インビザライン失敗例-失敗する原因体験談

今流行りのマウスピース矯正、その代表的なものが「インビザライン」です。

 

ワイヤー矯正みたいに見た目がわかりにくいし、気軽にできそう、という気軽な気持ちから
マウスピース矯正、インビザラインをやってしまう方がいますが、

 

実はインビザラインの治療に失敗してしまっている方もいます。

 

どうしてインビザラインで失敗してしまうのか、その理由と、失敗しないための歯科クリニックの選び方についてご紹介します。

 

インビザラインってどうして失敗するの??

 

インビザラインで失敗して、歯並びが全然よくならない、失敗してしまうということがどうして起きてしまうのでしょうか。

 

おもな原因は2つあります。

 

失敗理由@歯科医師の診断ミス

 

インビザラインで失敗してしまう原因としてまず挙げられるのが
「歯科医師の診断ミス」です。

 

マウスピース矯正はとても手軽ワイヤー矯正と違って始めやすいというメリットがありますが、
残念ながらデメリットとして、「適応症が限定される」というものがあります。

 

歯並びがどうして悪くなるのか、その理由には大きくわけて3つあります。

 

1つ目は歯が顎に対して大きすぎたり、小さすぎるというもの。
2つめは、顎が小さすぎる、もしくは大きすぎる、
そして3つめは、顎にも歯にも問題がある、複合的な問題というものです。

 

 

このように歯並びがどうして悪くなってしまうのか、
その原因はとても複雑で、歯科医師でもその判断はとても難しいのです。

 

したがって矯正を専門に、何年も、何症例もこなしてきたベテランの矯正医でなければ、
適切な診断ができません。

 

インビザラインはとても気軽にできる矯正方法として人気がとても高いですが、
治療自体は決して簡単ではなく、

 

きちんと正しい診断のもとに行わないと、逆にちゃんと矯正治療が完了できない、
実はとても難しい治療なのです。

 

特に顎位といって顎の位置が安定していない患者さんの場合、
正しい位置に歯を誘導できないので、失敗してしまいますので、
そういった顎の位置まできちんと矯正医が診断できているかどうか、とても重要になってくるのです。

 

 

インビザラインで失敗してしまう原因は、歯科医師が

 

インビザラインの適応症でないのに、
インビザラインを使って矯正してしまうことにあります。

 

最初のスタートラインで診断ミスをしてしまえば、当然、理想的な歯並びにまでたどり着くことはできません。

 

ですから、きちんと矯正治療を専門にたくさんの患者さんを診てきた、
矯正専門医にインビザラインをしてもらうことがとても重要なのです。

 

>>当サイトがおすすめするインビザライン歯科<<

 

失敗理由Aインビザラインをきちんと装着していない

 

インビザラインの失敗でありがちなのが
装着時間を適切に守っていない」ということがあげられます。

 

ワイヤー矯正では、自分でことはできないので、嫌でも矯正装置を毎日つけておかなければいけません。
最初のうちは歯を動かす力がとても痛いので、辛い時期が矯正治療中はあります。

 

それが嫌で、マウスピース矯正なら痛くなく、楽に治療できると勘違いして、
マウスピース矯正を選ぶ方がいますがそれは間違いです。

 

マウスピース矯正も歯を動かすので、歯に動かす力が加わりますので、
ある程度の痛みがでます。

 

ですが、その痛みに驚いて、歯科医師に指導された装着時間を守らずに外してしまう方がいます。

 

しっかりとインビザラインを装着していないと、当然、歯を動かす力はかかりませんので、歯は動かず、歯並びは良くなりません。
歯を動かさなくてはいけませんので、つける時間が短くなればなるほど、歯は動かず、インビザラインの治療が失敗してしまうのです。
今までの矯正治療は、矯正医が主体的に治療を行っていたので、嫌でも、歯並びがきれいにならぶ力がかかって、最終的には綺麗な歯並びになっていたのですが、インビザラインは違います。
インビザラインは患者さん自身が主体的になって治療を進行していかなくてはいけません。
装着時間を守らないと、失敗もしますし、もともと予定していた治療期間よりも長くなり、延長してしまうのです。
インビザラインの失敗はこのように歯科医師だけではなく、患者さん自身の矯正治療に対する取り組みにも要因があるのが特徴なのです。

 

こういった理由からインビザラインの失敗は引き起こされてしまいます。

 

 

インビザラインの失敗例

 

インビザラインの失敗といいますが具体的にはどういった状態が失敗なのでしょうか。
具体的なインビザラインの失敗例には以下のようなものがあります。

 

 

・全く噛めなくなってしまった

 

これはインビザラインだけでなく、矯正治療全般でおこりうる失敗でもあります。
見た目だけをきれいに並べるのはできても、機能的に並べるのは難易度の高い治療になります。機能とはつまり、歯にとって噛むことができるかどうかです。
歯を少し移動させるだけでも、歯の高さや今まで当たっていたところが変化します。
どこかが強くあたって、今まで噛んでいた位置で噛めなくなってしまいます。
矯正医はしっかりと噛める位置にしっかりと誘導して、なおかつ見た目もいい歯並びへと誘導します。見た目と機能、バランスのとれた位置へ誘導するのはとても難しい、技術のいる治療になります。インビザラインは最初に型をとって、できあがった模型をもとにして、マウスピースが作成されますが、途中で矯正医が修正して、再度、印象をとることもあります。こういった修正を行わずに、そのまま治療が続行されてしまうと、歯が見た目はきれいになったものの、当たっているところが変化して、全体でバランスよく噛めずに1カ所しかあたっていない、アンバランスな歯並びになってしまって、治療前の方がよかったということが実際におきています。こういった見た目はいいけど、機能面での失敗もあるので注意しましょう。

 

 

・元の歯並びからあまり変化がなかった

 

装着時間をしっかりと守らないと、歯が移動せずに、もとの歯並びから変化が全然ないという事例がインビザラインでは多いです。
もともとワイヤー矯正に比べると、痛みが少ないというのがインビザラインのメリットではあります。しかし、それは実はデメリットでもあるのです。
痛みが少ないということは歯を動かす力、矯正力はそのぶん小さい、ということになります。
もともと力が弱いインビザラインですから、装着時間を守らないと、歯は当然、動きません。
この変化がなかった、という失敗は歯科医師というよりも患者さんの要因によるものが多いです。

 

・結局、ワイヤー矯正をする必要があり、余計な費用がかかった

 

これは失敗例というよりも失敗によって引き起こされる患者さんへの負担です。
適応症の診断ミスをして、全く変化がなく、逆に全然噛めなくなってしまった状態で、専門の矯正歯科医院を訪れる患者さんもいます。
その場合は当然、インビザラインで再治療はできないので、ワイヤー矯正で治療をしなくてはいけません。こんなことなら、最初からワイヤー矯正をしていればよかったと、後から後悔する患者さんもいらっしゃいます。しかも、インビザラインで治療した歯科医院では、その後のワイヤー矯正の治療費用は保証してくれない、というケーズも多いです。
ですので、余計な費用がかかってしまうケースもあります。
また、インビザラインはマウスピースのステージがあります。
これだけの期間、ステージ1のマウスピースを装着して、歯が動いたらステージ2に進むという治療になります。
しっかりとインビザラインを装着していなかったので、歯が動かなくなってしまい、歯が元の悪い歯並びに移動してしまうこともあります。そうすると、インビザラインを修正する、もしくは治療をいったんやめて、ワイヤー矯正を行うことも必要になってくる場合があります。
こうなってしまっても、無駄な時間と費用が別にかかってくることがあります。
こういった失敗のパターンもあるので気をつけましょう。

 

 

 

インビザラインは実は適応症が限られている

 

インビザラインの失敗する原因やその失敗例をご紹介してきましたが、
自分はインビザラインの治療を受けることが可能なのか、疑問に思ってきた方もいるかと思います。
そこで、インビザラインの適応症について説明していきます。

 

・顎の位置が安定している

 

インビザラインは平面的、2次元でしか、歯の移動を動かすことができないというデメリットがあります。しかし、実際、歯の位置というのは、顎の位置、顎の動きが大きく影響しています。したがって顎の位置が不安定な患者さんは、インビザラインの適応症ではありません。
特に顎が小さいと、もともと噛む力が小さいので、歯が移動することで、顎の位置も変化してしまうことがあります。ですので、顎の位置が安定しているかどうかをインビザラインの適応症かどうか判断基準の1つになります。

 

・歯を抜かずに、矯正ができる

 

インビザラインの適応症かどうかの判断基準に、歯を抜く必要があるかどうか、というものがあります。歯を抜かずに、歯を数ミリ削ってスペースを調整できる歯並びであればインビザラインの適応症です。
しかし、顎に対して歯が大きい、顎が小さすぎて、歯が並ばない場合は、歯を抜いて、歯を並べる必要があります。
インビザラインは歯を小移動はできますが、根っこごと動かす力はありません。
ですので、歯を1っ本抜く必要があるほどスペースが足りないという患者さんにはインビザラインは基本的には適応ではありません。

 

こういった適応症があります。これは自己判断することはまずできませんので、歯科医師にしっかりと診査診断をしてもらい、しっかりと説明を聞いて、自分の歯並びが適応症かどうか説明してもらいましょう。

 

 

 

インビザラインで失敗しないための歯科クリニックの選び方

 

インビザラインに失敗についてご紹介してきましたが、やはり失敗しないためには
歯科クリニックをきちんと選ぶ必要があります。

 

失敗しないためには、インビザラインをやっている歯科医院が「矯正専門の歯科医院」かどうかが大切です。

 

そして、相談したときに、自分がインビザラインの適応症かどうかしっかりと説明してくれる
歯科医師を選ぶようにしましょう。

 

このときに説明がわかりにくかったり、ごまかすようなことがあるような歯科医院では
インビザラインの治療を受けるのはやめておきましょう。

 

インビザラインの適応ではないとはっきりと言ってくれる、
そんな矯正医の歯科医院での矯正治療が最もおすすめなのです。

 

またインビザラインにはインビザラインの症例数に応じて、先生にもステージがあります。
自身のある先生はインビザラインの症例数やそのステージをしっかりと教えてくれるので、先生に確認したり、ホームページで確認しましょう。
ぜひ失敗しないために、適切な診断ができる矯正医のいる歯科医院でインビザラインの治療を受けましょう。

 

 

 

 

 

 

海外では当たり前でしたが歯は一生物としての認識が、日本でも最近は高くなって来ました。その為、毎日まめにメンテナンスを行っている人も多いです。しかし歯は虫歯などのリスク以外にも大きく生活に影響を与える面があります。それは見た目に関してです。歯並びの綺麗な人は、そうでない人と比べても良い印象を与えますし、笑顔も素敵に見えます。
しかし歯並びは皆同じではなく、綺麗な人もそうでない人もいます。歯並びは放って置いても自然に綺麗になる訳ではありませんので、歯並びが悪くて良くしたい人は人工的に歯並びを綺麗にする必要があります。それが歯科医院で行っている歯列矯正です。
歯列矯正とは矯正器具を使って歯並びを綺麗にして行くことです。しかし、歯並びが悪い人誰しもが歯列矯正を行う訳ではありません。なぜなら歯列矯正に対してはネガティブなイメージが有るからです。まず一つは見た目に関してです。一般的な歯列矯正のイメージは銀色のブラケットとワイヤーを歯の表面に装着する姿を思い浮かべます。歯の表面に矯正器具を装着しているのですから、喋ったりすれば、自ずと矯正器具を見えてしまいます。周りの人はそれ程気にしていなくても、本人は気になってしまいます。最近では目立たない色のブラケットも用意されていますのでイメージは改善されて来ていますが、抵抗感が未だに根強いことは否めません。歯列矯正は平均的に2年間程度の期間を要します。その期間中、ずっと矯正器具を使用し続けることは、歯列矯正を始めることに躊躇する理由にもなってしまっています。
しかし、最近は従来のブラケットとワイヤーを使用しない歯列矯正の方法が広まって来ました。それは透明のマウスピースを使用した矯正方法です。少しずつ形を変化させたマウスピースを一定期間ごとに付け替えて行き、徐々に歯を動かして行きます。マウスピースタイプの矯正方法のメリットは、まず第一に目立たないことです。自分から歯列矯正を行っていることを言わない限り、周りから気付かれることは殆どありません。また二つ目のメリットとしては、自由に取り外しが出来ることです。ブラケットとワイヤーを装着した場合は、自由に取り外すことは出来ません。その為、食事や歯磨きに関して難があります。その点、マウスピース型の場合は、食事や歯磨きの際は取り外すことが可能ですので、歯列矯正を行っていない人と同様の食生活を送ることが可能です。
このようにマウスピースタイプの歯列矯正は、従来の歯列矯正のデメリットを無くした画期的な方法と言えます。しかしながら、全くデメリットとなる点が無い訳ではありません。デメリットとなる点の一つとしては、マウスピースの着用時間によって歯列矯正の完成度が異なることです。自分で自由に取り外すことが可能ですので、つい取り外しがちになってしまうことがあります。食事や歯磨きの際はもちろん取り外す必要がありますが、それ以外の時間にも外してしまっては歯列矯正が思うように進みません。取り外す理由の一つには、喋り難さが上げられます。マウスピースを装着すると、誰しもが若干喋り辛くなってしまいます。それが嫌で日中もマウスピースを外してしまうケースがあります。マウスピースの装着時間は長ければ長いほど歯列矯正の完成度は高くなりますので、外す頻度が多くなることはデメリットに繋がります。このように歯列矯正の失敗原因としては本人の意思が関わって来ますので、単に矯正をスタートしたから自然と歯並びが良くなる訳ではなく、本人の努力も必要となって来ます。
またその他のデメリットとなる点に関しては、誰しもがマウスピースタイプの歯列矯正を行える訳では無いと言うことです。ブラケットとワイヤーを使用した矯正方法よりも限られた人にしか施術出来ないことになります。出来る人と出来ない人の違いは、歯並びの悪さの度合いによります。歯並びの悪さが大きい人は残念ながらマウスピース型では矯正が行えませんので、ワイヤータイプの矯正方法などを検討する必要があります。
マウスピースタイプの歯列矯正では、インビザラインが最も有名です。発祥はアメリカで、日本でインビザラインの歯列矯正を受ける場合でもマウスピースはアメリカで作成されます。まだまだ日本では取り入れている歯科医院はそれ程多くありませんので、出来る限り施術実績の多い歯科医院を受診することが、安心して歯列矯正を行えることになります。いくらマウスピース型の歯列矯正とは言っても治療方法によって完成度が異なりますので、矯正前にはきちんと施術方針を聞くことが重要となります。
インビザラインは従来の歯列矯正の方法を大きく変えた、画期的な歯列矯正方法と言えます。日本では欧米と比べて歯列矯正に関しての積極性が劣りますので、このマウスピースタイプの歯列矯正は日本でも歯列矯正を広める方法として注目されています。

お薦めの無料カウンセリング

矯正の痛み