歯の矯正痛みが怖い 出っ歯矯正に掛かる期間どの位で治るの?

MENU

出っ歯矯正に掛かる期間どの位で治るの?-精密審美歯科センターは安心です

歯並びの良し悪しが体に与える影響
人と話すとき、目鼻立ちよりもつい口元に注目してしまうものです。パッチリとした大きな美しい瞳にすっと鼻筋の通った形の良い鼻、これらの条件が揃っていれば申し分のない美人顔だと思いがちですが、口元を見た時に歯並びが悪くてしまりがなかったり、噛みあわせが悪くて顎の形に影響していると、せっかくの美しい顔もイメージが悪くなってしまいます。大きく口を開けて笑ったり人前で話したりすることに自信が持てなくなると、うつむきがちな姿勢が定着してしまったり、話をする時にいつも口の前を自分の手で覆い隠すのがくせになってしまうこともあります。歯並びや噛みあわせが悪いと歯ブラシがきちんと隅々まで届かずに歯垢がたまりやすくなるため、虫歯や歯周病などのリスクが高まります。さらに噛みあわせが悪いと食べ物をしっかりと噛み砕くことが出来にくくなるので唾液の分泌量も減って口臭の原因になったり、消化器官に負担をかけやすくなることも心配されます。また極端に噛みあわせが悪くて受け口や開口などになったままの状態だと、サ行やタ行の発音がしづらくなるため、とても聞き取りにくい話し方になってしまうこともあります。そのほかにも顎関節症になりやすかったり、頭痛や肩こりなどの原因不明の不調を引き起こすことにも繋がりやすくなります。そして勿論見た目のコンプレックスとなりやすく、自分に自信を持てなくなると人と会うことも苦痛になってしまうというケースもあります。さらに歯の噛みあわせは全身のバランスにも大きな影響を与える為、体が歪みがちになり腰痛の原因になることも考えられます。

 

端の矯正治療の種類と特徴
歯の矯正治療のための器具というと、かなり目立つ金属製の装置を使うのが一昔前は一般的でした。この方法は歯を早く動かしやすく治療費も比較的安いのですが、かなり目立つもので頻繁に矯正歯科に通う必要がありました。現在ではセラミック製の装置を使ったものや金属ブラケットを使用するよりも目立ちにくいプラスチック製の装置、ブラケットもワイヤーも白くて目立たない装置、カラフルでファッション性の高い装置などさまざまな見た目のものが出現しています。さらに歯の表面からは見えないように裏側に装着するものや、透明で目立たないカバーを使って少しずつ歯を動かして矯正していく取り外しの可能なインビザラインという治療法もあります。インビザラインは食事をする際に取り外しができるので矯正中の生活に与える影響を最小限に抑えることが出来ます。これまでの歯列矯正治療と比較して装置が目立ちにくいし食事を摂りやすいなどの特有のメリットを持つ方法で、自分自身で歯にきちんと装着することが何よりも大切になるので、本人が必要な時間装着することを守らなかったりすると、治療計画に影響が出る可能性もあります。一般的な歯列矯正の治療よりも通院回数が少なくてすみ、噛みあわせの治療も同時に出来たり、前歯だけを部分的に矯正するといった方法も可能です。さらに5年間の保証が付いているので、治療を始めてから5年以内ならば装置を再度作りなおすことも出来ます。けれども一日あたり22時間以上の装着が求められ、患者自身が装置の装着に責任を持つ必要があることや、ケースによっては対照できない場合もあるなどのデメリットも上げられます。それでもインビザラインはこれまでの金属製の装置はアレルギーで使用できなかった人でも安心して治療が受けられるなど、今まで治療を断念せざるを得なかった人も条件が合えば矯正治療を受けられるようになった画期的な治療法だと言えます。

 

出っ歯の矯正に必要な治療期間
上あごの前歯や上あご全体が前方に突出した歯並びを上顎前突、いわゆる出っ歯と呼びます。骨格そのものに問題があって出っ歯になる場合や歯だけが原因で起こる場合がありますが、程度が重症だと唇を閉じても上の前歯が出てしまう状態になっているケースもあります。必要な場合はケースによっては一部抜歯を行いインビザラインによって矯正することが可能です。出っ歯の状態のままだと前歯でものを噛み切るという役割を果たすことが出来ず食事を摂りにくいなどの支障が出るだけでなく、見た目にもコンプレックスに繋がりやすくなります。インビザラインによる矯正治療はこれまでのブラケットとワイヤーを使用した治療法と比較すると痛みも少なく見た目にも透明なマウスピースを使用するので目立ちにくいのが魅力です。矯正が終了するまでに必要な期間は出っ歯の状態によっても異なりますが、部分的な矯正だけで済む場合なら数ヶ月で治療が終了するケースもあります。平均的な治療期間は1年〜2年程度ですが、困難なケースの場合は2年以上にも及ぶ場合もあります。カウンセリング後に精密検査を受けてその結果をもとに、具体的なスケジュールや治療費用、終了するまでの期間などの説明を受けます。

お薦めの無料カウンセリング

矯正の痛み