歯の矯正痛みが怖い 出っ歯矯正の安い歯科は?

MENU

出っ歯矯正の安い歯科は?-精密審美歯科センターは安心です

生まれ持ったものや、生活習慣、歯周病、または怪我などの外的な要因によって乱れてしまった歯並びを治す歯列矯正は、日本でもかなり一般的なものになりつつあります。
幼少期、またはごく若い年齢から始めなければならないという誤解を持たれている場合も多くありますが、実際にはそうではなく、成人してから治療を開始してもその効果は十分に得られます。
美しい歯並びがもたらす効果は非常に大きく、人前で悪い歯並びを気にせず笑う事ができる、というのは、職場などでの人間関係にも思いの外大きな影響を与え、就職などにも有利に働くと考えられています。
費用面なども以前より気軽に始められる様になっている事もあり、現在では非常に多くの人によって、歯列矯正の治療が検討されています。
治療方法には様々な種類があり、かかる期間や費用も変わってきます。
歯に金属の部品とワイヤーを取り付け、ワイヤーの力加減を細かく調整する事によって歯に力をかけ、歯並びを治していくという手法が長らく一般的にとられていました。
その中にもいくつかの種類があり、歯に取り付ける器具や種類によって、外から見た時の目立ち具合、治療にかかる期間は変わります
金属の装置、金属のワイヤーによる治療は、一目見て矯正治療中であるという外見になってしまうというデメリットがありますが、費用の面では最も安く抑えられます。
装置、ワイヤー共に特殊な透明の素材で作られた物を使用する事で、よほどの至近距離で見なければ分からないほど目立たない状態で治療を行う事もできます。
目立たない素材を使った場合は、費用はその分高くなります。
また、歯の裏側に装置を取り付けるという手法もあり、これは表からは見えず審美的にも問題無く治療ができますが、表面に装置を付ける治療と比較すると期間、費用共により多くかかってしまうというデメリットがあります。
これらの口腔内に装置とワイヤーを装着する治療方法の他に、近年では、マウスピースを用いたやり方も出てきています。
これは、特別に形を取って作られた専用のマウスピースを1日のうちの決められた時間装着する事により、歯並びを矯正していくという手法です。
これまでの装置を付けっぱなしの治療法と比較して、まず食事中にはマウスピースをはずせるというメリットがあります。
装置を付けたままの食事は、思いがけないところに食べかすなどがたまり、またワイヤーや装置によって口の中を切ってしまうという事態を引き起こします。
マウスピースを外して食事をする事で、一般的な状態と全く変わらない環境で一日三度の食事ができるというのは、毎日の積み重ねとして非常に大きなメリットになります。

マウスピースの装着時間は一日に20時間以上必要になりますので、一日三回の食事時間は十分に確保出来ます。
この、メリットが非常に大きいマウスピースによる歯列矯正の中でも、インビザラインという治療法が現在では主流になりつつあります。
アラインテクノロジー社によって開発され、アメリカの歯列矯正医師を通じて世界中に広まっていきました。
このシステムは、他のマウスピースとは異なりほぼ無色透明なマウスピースを使用する為、装着中にもとにかく目立ちません。
装置を装着するタイプの治療と比較すると、通院回数も圧倒的に少なく済み、また金属を使用していない為にアレルギー等の心配もありません。
日常的なメンテナンスも簡単で、歯ブラシで外側、内側を磨く事で衛生面の安全が確保できます。
取り外しができるインビザラインは、24時間装置を付けたままのワイヤー型の治療と比べて長い時間を要するという解釈をされがちですが、実際にはより精密な計算に基づいたマウスピースの設計により、歯の無駄な動きを少なくし、最終的な治療の完了までにかかる期間はほとんど変わらないケースがほとんどです。
かかる費用に関しても同様で、装着とワイヤーを使用する治療の中でもっとも目立ちにくい、透明の素材を用いた場合、及び、歯の裏側に装置を取り付ける場合にかかる費用とほぼ同程度で治療が可能です。
簡単に取り外しができてしまう為、一日のうちなるべく長時間を装着に当てなければならないという、患者自身による自己管理が非常に重要になり、ここに問題が生じた場合、当初の予定通りに矯正治療が進まないケースも出てきてしまいます。
マウスピース型の歯列矯正は比較的新しい治療法の為、矯正歯科の中でも特別なスキルを持った歯科医を選ぶ必要があります。
インビザラインを始めとしたそれぞれの治療法に対応しているかどうかは、各医院のウェブサイトなどに明記され、また治療法自体の解説なども詳しく書かれているので、実際に治療にあたる際にはそれらを確認し、自分の希望に合う治療が行われているかどうかを確認してから通院を始める事が重要です。
インターネット上の評判なども参考にしながら、それぞれのケースに適切な歯科医を見つける必要があります。

お薦めの無料カウンセリング

矯正の痛み