MENU

出っ歯矯正は自力で治すのはお薦めしません-精密審美歯科センターは安心です

出っ歯に悩んでいる人は意外と多いものです。日本では、歯並びについて、それほど深刻に考えている人が多いとは一概にはいえないものですが、それでも、最近では、歯並びの良さを気にする人も増えています。これまで、日本は、諸外国に比較すると、歯並びについての意識が低い傾向にありましたが、近年、歯並びが悪いということが、健康を害するだけでなく、周囲に与える印象にもおおきな影響を与えていることに気づく日本人も増加しているといえます。それは、日本人が、オリンピックなどの国際大会に出場したり、国際化が進むなかで、お互いの文化や習慣について、客観的に考察する機会が増えてきた結果ともいえるのでしょう。
特に、出っ歯や八重歯などは、虫歯の原因になったり、骨格のゆがみで体全体の不調を引き起こすことにもなりかねませんが、それ以上に、見た目を気にする人は多いものです。歯並びが悪いことで、家庭環境が良くないとうイメージさえ、持たれてしまう可能性さえあります。特に、これからの時代には、世界中で活躍する可能性を秘めた世代にとっては、歯並びは非常に重要なポイントといえそうです。
出っ歯を気にしている場合、自力で治すことはむつかしいでしょう。歯は互いが密接に関係しあい、歯並びに影響を与えているので、専門の技術と知識をそなえた歯科で矯正することが大切です。また、矯正の方法にもいくつか種類があります。永久歯が生えそろっている場合には、場合によって、抜歯の必要も出てきます。特に、従来のワイヤーを用いた矯正方法ですと、抜歯は必要なケースが多いのですが、近年は、インビザラインという装置が開発され、注目を集めています。
さまざまな分野で、世界のトップクラスを誇っている日本でも、歯列矯正に関しては、まだまだ普及率が少ないというのが現状です。日本では、ワイヤー式の矯正器具が一般的ですが、このワイヤー式は、見た目にも目立ってしまい、そのために歯列矯正をはじめることができないと考えてしまう人も少なくないようです。しかし、インビザラインは、その点の心配がほとんどないので、そのような不安を感じている人にとっては、実に画期的といえるでしょう。インビザラインは、透明のマウスピースのような歯型なので、歯列矯正をはじめても、周りの人に気が付かれることもほとんどないのが特徴といえます。
また、インビザラインには、ワイヤーの装置と比べて、歯列矯正を行う人にとって、負担が少ないことが魅力です。まず、ワイヤーの場合は、固定器具のため、歯磨きの際にも、取り外すことはできないですし、食事の時もそのままです。そのため、磨き残しが多く、虫歯になるリスクが高くなってしまったり、口内炎などのトラブルの可能性も生じてしまいます。しかし、インビザラインは、取り外しが可能なマウスピースタイプなので、手軽に取り外して通常のようにしっかりと歯磨きをすることが可能です。また、食事も、マウスピースを外した状態で食べることができるので、普段通り、しっかりと味わいながら食事を楽しむことができます。
固定タイプの器具を使用する歯列矯正の場合には、痛みが生じることも少なくありません。また、器具が歯茎などにあたることで、口内炎などになってしまうことも多いようです。マウスピースタイプなら、適度なやわらかさがあるので、歯や歯茎に負担を感じることは少ないでしょうし、はじめのうちは、少し話しにくいと感じる人もいるようですが、それでも、数時間経つと慣れてしまうようなので、歯列矯正器具をつけることによる負担は少ないでしょう。
また、歯列矯正というと、ワイヤーのタイプの場合には、他の人からも気が付かれてしまうほど、目立ってしまうものです。歯列矯正は、人によって個人差はありますが、たいていの場合には、数年も治療が続くことが一般的なため、そのような顔の印象が強く残ってしまうものです。最近では、ワイヤーでも、目立ちにくいタイプのものが登場しているようですが、割高だったり、はじめのうちは良くても、次第に塗装がはがれてきて、逆に目立ってしまうということにもなりかねないので、こういったことがストレスになってしまう可能性も大きいといえるのです。
このような点からみても、無色透明のマウスピースタイプなら、身体だけでなく、心にも負担をかけることなく、気軽な気持ちで始めることができるといえます。日本では、まだまだ歯列矯正についての知識が一般的に少ないため、まずは歯列矯正について、しっかりとした知識を身に着けることが重要だといえるでしょう。そのためには、しっかりとした実績と経験を持っている歯科に相談してみることが大切です。わからないことは、どんどん質問して、不安を解消しましょう。歯は一生大切にしたいものですから、少しでも早いうちに、しっかりとしたお手入れをして、長く健康に保っていきたいものです。

お薦めの無料カウンセリング

矯正の痛み