痛みが怖い子供(小学生)におすすめの歯科矯正

MENU

痛みが怖い子供(小学生)におすすめの歯科矯正-精密審美歯科センターは安心です

歯列矯正は、子供の頃から開始したほうがよいとされています。もちろん、大人になってから歯列矯正することは可能ですが、すべての歯が永久歯に生え変わってしまった大人の歯を矯正する場合には、スペースを作るために、何本か抜歯する必要が出てきたり、歯並びが整うまでの期間も時間がかかってしまう傾向にあるからです。時間がかかるということは、それだけ費用もかさむだけでなく、歯医者に通い続ける必要もあるので、仕事をしている人にとっては、時間の都合をつけることも大変になってきます。
それと比較すると、子供のころに歯列矯正を始めるメリットは大きいといえるでしょう。大人の歯と比較すると、抜歯をしなくても歯列矯正を行うことが可能なケースも多いですし、期間も人によって個人差はありますが、成長とともに適切な矯正を行うことで、大人になってから美しい歯並びを手に入れることができます。
しかし、これまでの歯列矯正のイメージというと、あまりよくないことも多く、そのために、歯列矯正に興味はあっても、実際に治療を行うまでには至らなかったという人も多いことでしょう。しかし、出っ歯や八重歯の可能性が分かっているような場合には、少しでも早い時期に矯正を開始するのが大切といえます。
そこで、問題になってくるのが、歯列矯正に対する不安です。大人であれば、自分の意志で矯正を開始することになりますが、子供の場合には、そうではないことがほとんどでしょう。これまでの歯列矯正で一般的に行われているワイヤーを使用した矯正器具は、常時、歯に固定して矯正を行うため、場合によっては、痛みが生じたり、器具によって歯茎などに傷がつき、口内炎などのトラブルが起きることも珍しくありません。また、床矯正の場合には、ねじで器具を広げていくことになりますから、顎が痛いと感じることも多く、子供には苦痛に感じられる可能性もあります。これは、子供が虫歯の治療を怖がるのとは異なります。虫歯の治療であれば、治療の間だけ、もしくは、その後数時間程で痛みは解消することも多いものです。しかし、矯正となると、一時的なものではありません。もちろん、慣れはありますが、特に、床矯正の場合には、徐々に器具を広げていくものですし、夜間の就寝時にも装着している装置なので、矯正が終わるまでの長い期間、その違和感から解放されることがないと考えると、子供にとっては負担が大きいと感じる親も少なくないことでしょう。
インビザラインなら、そのような痛みや不安を感じることなく、気軽に歯列矯正を行うことが可能となってきます。幼い子供の場合には、プレオルソなどの顎の発達を促し、適切な歯並びに導くような装置を使うことで、インビザラインを使うことへとつなげていくことも可能です。
また、子供にとっての歯列矯正で大切なのは、痛みなどのストレスだけでなく、心のストレスにも注意をするということでしょう。ワイヤータイプの装置の場合、自分でも違和感がありますが、他の人からも、すぐに矯正器具を付けていることは分かってしまうほど、目立つものです。最近では、ワイヤーを取り付ける金具を歯と同じ白色に塗ったタイプも登場しているようですが、価格からみても割高ですし、塗装した部分も、永久的に美しさが保たれるわけではなく、使用していると次第に塗装がはがれていってしまうので、かえって悪目立ちしてしまう場合もあります。大人であれば、矯正器具を取り付けていても、珍しがったり、奇異な目で見るような非常識な行動は慎むべきだと心得ているものですが、子供同士の場合には、そうもいきません。海外では、日本と比較すると、格段に歯列矯正に対しての意識が高く、子供のころには、当たり前のように歯にワイヤーを取り付けているものだと理解されているようですが、まだまだ歯列矯正に対しての意識が低い日本の小学校などでは、歯列矯正を行っている子供は少数なので、奇異な目で見られてしまったりするケースも少なくないことでしょう。また、本人にとっては、鏡を見ない限り、自分の口元を見る機会はないものですが、他の人にとっては、やはり、口元の印象は大きいために、大人になってから子供時代を思い返してみても、歯列矯正をしていた子供の顔は、その印象が強いものです。インビザラインは、無色透明なマウスピースタイプなので、他の人には歯列矯正をしていることがほとんど気づかれずに済みます。痛みに対して、不安があったり、装置が目立ってしまうことに不安を感じている子供でも、安心して歯列矯正を始めることができるでしょう。インビザラインは、マウスピースタイプなので、簡単に取り外すことが可能です。ですから、歯磨きのときには、外してしっかりと磨くことができるので、虫歯のリスクも低くなりますし、食事の際にも取り外すことができるので、体にも心にも負担がかからず、歯列矯正を続けることができるでしょう。

お薦めの無料カウンセリング

矯正の痛み