歯を抜かない歯列矯正の「六本木 河野歯科クリニック」

MENU

痛みが無くて歯も抜かない矯正の六本木 河野クリニック

歯を抜かない矯正悩み

余りにも歯並びが悪い場合、
歯を抜かない限り、
いくら矯正をすると
いってもきれいな歯並びには
成らないのでは? と
思うのですが、

 

精密審美センターの六本木 河野クリニック
では、多くのケースで抜歯をしないで、
矯正をすることが出来ます。

 

勿論、全ての人にこのケースが当てはまるわけではなく、
詳しい検査をした結果、歯を抜いて矯正をするか、しないかを検討します。

 

歯を抜かなくても矯正が出来る理由としては、装置技術の向上という理由もあるのですが、
六本木 河野クリニックでは、極力、抜歯をしない方向で検討をします。

 

写真で、矯正した方の写真を見ましたが、素人目からすると、抜歯しないと矯正できないだろうと
思う様な歯並びでも、矯正後には綺麗な歯並びになります。

 


歯科矯正 河野クリニック六本木 

 

河野クリニックの他、精密審美センターの歯科クリニックに診察に行くと
歯科矯正をするにあたり、歯を抜くかどうかの判断を詳細に説明してくれます。

 

歯を抜かない矯正のケース1

現在の歯並びが、歯茎(アゴ)よりも、内側につぶされた状態の場合。
矯正をすることで、歯茎(アゴ)にそった、綺麗な歯並びになります。

 

歯を抜かない矯正のケース2

 

下アゴの状態を確認し、状態に応じて、口の周辺のゆがみを無くし、且つ、自然に口が
閉じられる状態になった例です。
矯正前は鼻が高くて、下アゴがひっこんでいます。
この状態で歯を抜いてしまうと、更に引っ込んで口元が寂しい状態になります。

 

この治療の場合、、写真のように、下アゴを前方に矯正し、歯を抜かないで綺麗な状態に
する事に成功しました。
ちなみに、この患者さんは、出っ歯でしたが下アゴが前に矯正されたことで
出っ歯も改善されました。

 


歯を抜かない矯正 

 

 

この様に、歯の矯正を行う上で絶対歯を抜かいで矯正が出来るか
どうかは、患者さんの歯の状態によって変わるのですが、

 

現在では殆どのケースで歯を抜かない矯正が可能というのが
河野歯科、銀座しらゆり歯科の考えです。

 

抜歯をする必要性があるか否かは、無料カウンセリングで十分に説明
してくれます。

 

少しでも歯の矯正をお考えの方には、カウンセリングはお薦めです。

 

おすすめの歯を抜かない矯正

 

歯の矯正では抜歯をするのが一般的ですが、歯を抜く矯正にはメリットもデメリットもあります。最近では歯を抜かない矯正が大変人気となっているのですが、その治療方法の特長についてご紹介したいと思います。
<歯を抜かない矯正ってなに?>矯正をする際に歯医者で相談すると、それぞれ歯を抜くか抜かないか異なる治療方法を言われることがあります。もちろん患者さんにしてみると、痛みが少ない治療のほうがいいですよね。最近では歯を抜かない矯正が大変話題になっています。方法はいくつかの種類があり、症状によっても異なりますが、まず一つ目は奥歯を移動する治療方法。奥歯を移動させることで歯並びを矯正させますが、移動できる量は個人差があります。そして歯列を外側へ向けて広げる方法。全体的に歯並びを拡大させることで矯正する方法です。これも同様に拡大できる量は個人差があります。また抜歯をしない方法としては歯の表面を削って隙間を作る治療方法があります。歯のエナメル質を1/3程度研磨して歯の間にスペースを作る方法です。しかし歯を抜かずにできる治療方法は、症状によって施術ができない場合もありますので、まずは歯科医と相談してみましょう。出っ歯や骨格的に問題がある場合など、外科手術も必要になる場合もあります。
<メリットとデメリットについて>歯を抜かない歯科矯正のメリットはもちろん通常の方法に比べると痛みが少ない点。抜歯は患者さんの負担になり、回復するまでに時間もかかります。デメリットは歯のバランスが悪くなり、突出感がでてしまう場合もあるという点。この点、歯を抜く矯正方法は上下の歯ともバランスが良く口元も綺麗に見えるメリットがあります。最新の技術ではコンピュター分析により、歯を抜いた場合と抜かない場合の予測を見ることが可能です。また骨格や歯並びによっては治療方法が限られてしまう事もありますので、一番効果的な矯正方法を選ぶには信頼できる歯科医に相談するのが一番ですね。歯を抜くか抜かないか、どちらの治療も可能である場合は最後は患者さんの判断によって治療方法が選ばれます。どちらの方法にもメリットとデメリットがありますので、自分の体に負担が少なく綺麗に治療ができる方法を選ぶことが大切です。歯科医と相談をして自分にあった方法を選択しましょう。歯を抜くのは痛みが伴い体の負担になります。痛い治療が嫌な方は歯を抜かない方法が安心ですね。
"

お薦めの無料カウンセリング

矯正の痛み